【アニメ感想】「がっこうぐらし!」第十話感想アニメ・漫画・フィギュア通販・ゲーム情報を扱う江原屋商会

    アニメ・漫画・フィギュア通販・ゲーム情報を扱う江原屋商会
    アニメ・漫画・フィギュア通販・ゲーム情報の発信を行います!
    【アニメ感想】「がっこうぐらし!」第十話感想
    部室で読書している美紀。そして読書が終わった美紀に感想を聞く悠里。その本の結末は切ないもので
    あったと美紀が言います。そして雨が降りそうな天気を見て悠里は憂鬱な表情をします。美紀がその理由
    を尋ねます。理由は佐倉先生が亡くなったのが雨の日だったのでそのことを思い出すためでした。最近、
    ゾンビの数が増えていることに気づく二人。ゾンビ化した生徒が生前の記憶で学校に戻ってきているので
    がないかと推測します。美紀が言います。「みんな学校が好きなんですね。」
    バリケードが破られないか美紀が心配しますが悠里は「あのバリケードには私たちの願いとめぐ姉の想い
    がこもっているもの。そう簡単に壊れたりしないわ」と言います。
    一方でいなくなった太郎丸をみんなで探しに行きます。屋上に来た胡桃は健在であったころの佐倉先生と
    会話を思い出します。佐倉先生に太郎丸が無事であるようにと頼みます。そんなとき胡桃は太郎丸の足跡
    と思しきものを見つけます。その先は誰も行ったことがない地下室でした。その跡を追って地下室に行く
    胡桃はそこでゾンビ化した太郎丸と遭遇します。反撃をためらう胡桃。なんとか太郎丸を個室に閉じ込め
    ることに成功した胡桃は太郎丸をゾンビ化させたゾンビと遭遇します。その正体は変わり果てた佐倉先生
    でした。それに対抗しようとる胡桃であったが・・・・。太郎丸が見つからない美紀と由紀はとりあえず
    部室に戻ってきました。そこに戻ってきたのは負傷した胡桃でした。ゾンビに噛まれてしました。胡桃の
    体を病原菌が蝕みだします。悪夢にうなされる胡桃。美紀が「職員用緊急避難マニュアル」を読んで避難
    区画である地下室に病原菌に対する薬があると書かれていることを発見します。薬をとり行くのを志願す
    る美紀。そんなとき校庭にいたゾンビたちがバリケードを破って校内に侵入してきました。追いつめられ
    ていく由紀たち。彼女たちを待ち受けるのは?
    がっこうぐらし第十話
    「がっこうぐらし」公式ホームページ
    URL:http://gakkougurashi.com/




    コメント
    ▼この記事へのコメント<(あれば表示)

    ■ コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    ▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
    よろしかったらポチッお願い致します。
    アニメ ブログランキングへ