【アニメ感想】「がっこうぐらし!」第十一話感想アニメ・漫画・フィギュア通販・ゲーム情報を扱う江原屋商会

    アニメ・漫画・フィギュア通販・ゲーム情報を扱う江原屋商会
    アニメ・漫画・フィギュア通販・ゲーム情報の発信を行います!
    【アニメ感想】「がっこうぐらし!」第十一話感想
    バリケードを破って侵入してきたゾンビたちが由紀たちに襲いかかってきます。由紀はついに「現実」に
    向かいます。ゾンビに襲われそうになった美紀を助けて部室に閉じ籠ります。美紀は地下室に行くことを
    美紀に告げて行きます。胡桃の感染は進んでいきもがき苦しむ胡桃・・・・その状況に耐えられない悠里。
    そんなとき悠里は胡桃との約束を思い出します。「もし、あたしが感染したら(殺すのを)迷わないでく
    れ」という非情な約束を思い出します。地下室に向かおうとする美紀の前には無数のゾンビたちが立ち塞
    がります。美紀は持っていたポータブルCDをかけてその音でゾンビたちをその方向に向かわせその隙に地
    下室へ向かいます。悠里は胡桃との交わした非情な約束を果たす決心をしその刃を胡桃に落とそうとしま
    す。地下室に辿り着いた美紀を待っていたのは変わり果てた佐倉先生でした。その佐倉先生に学園生活部
    の報告をしだします。そして今は四人で元気にやっていることを告げて変わり果てた佐倉先生にとどめを
    さします。そのとき警報が流れます。ゾンビたちに破壊された電力施設がダウンしたために非常電源に切
    り変わる警報でした。美紀は地下室で医療品書いた箱を見つけることができました。その中には初期感染
    者用実験薬もその中に入っていました。戻ろうとする美紀の前には大勢のゾンビたちが襲いかかります。
    美紀はひとつの部屋に逃げ込みます。胡桃を殺そうとするができない悠里。追いつめられて逃げ場のない
    美紀。状況は絶望的になります。そんなとき由紀は決心します。亡き佐倉先生の導きで放送室を目指しま
    す。その途中でみんなでバリケードを作っているときの記憶を思い出します。佐倉先生がいたときのこと
    です。由紀はみんなの役に立たないと悲観しますが佐倉先生は由紀の「笑顔」こそがみんなを助けると言
    いました。由紀は「現実」に立ち向かいます。そして由紀は佐倉先生の「死」を受け入れのでした。彼女
    たちは佐倉先生に導かれてどこに辿り着けるのでしょうか?
    がっこうぐらし第十一話
    「がっこうぐらし」公式ホームページ
    URL:http://gakkougurashi.com/




    コメント
    ▼この記事へのコメント<(あれば表示)

    ■ コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    ▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
    よろしかったらポチッお願い致します。
    アニメ ブログランキングへ