【アニメ感想】「だがしかし」第九話「わたパチとうんチョコと…」感想アニメ・漫画・フィギュア通販・ゲーム情報を扱う江原屋商会

    アニメ・漫画・フィギュア通販・ゲーム情報を扱う江原屋商会
    アニメ・漫画・フィギュア通販・ゲーム情報の発信を行います!
    【アニメ感想】「だがしかし」第九話「わたパチとうんチョコと…」感想
    シカダ駄菓子に遊び来ていたサヤ。そこにほたるが来る。が、いつと様子が違う。ほたるは口内炎に
    なったそうだ。駄菓子の食べすぎだろ。そんなほたるが食べようとした駄菓子が「わたパチ」。なんでも
    口のなかでパチパチする駄菓子らしい。いや、それ口内炎には良くないよね。サヤも止めるけど無視して
    食べるほたる。そこまで駄菓子好きなのか。凄いな。当然、お口のなかパチパチはじけて口内炎に当たっ
    て痛いらしい。そしてそれがおわると快感になるそうだ。そんなのあんたしかない。サヤの言う通りだな。
    そんなとこに店に置いてある小さなチョコを発見!その名は「うんチョコ」。サヤ、その名に驚愕。聞き
    間違い?いやしかもパッケージのお尻からチョコが出るとな?「うんチョコ」連呼するほたるにサヤが
    いや年頃の女性がそれを連呼するのはというがそもそもほたるに羞恥心はあるのか?いやないない。
    時間経過。ココノツが帰宅するとなぜか大盛のごはん持って待っているほたるに出会う。とりあえずなんか
    あるっぽいがその前にほたるは自分が大阪生まれの大阪育ちで普段は関西弁を喋らないのだが突っ込みの
    際は出ると言う。なぜそんな話になっている?「さくら大根」という駄菓子を関西より以西地方では
    見られない駄菓子。そのどうみても漬物っぽいのを関西人が関東の駄菓子で見つけて「漬物やん」と
    突っ込むのはベタらしい。そしてその漬物っぽい「さくら大根」があるとごはんが食べたくなるのでほたる
    はごはんを持っていたらしい。無事、ごはん完食。去りゆくほたるは言い残した言葉は「実は大阪生まれ
    じゃない」と。いったいなんなんだこの人は?昼ごはんを食べようとしたココノツであるがみごとに
    ほたるが全部食べて行った。ひでぇ!そこにまたほたるが戻ってきた。なんか悩んでいるらしい。ココノツ
    が聞いてみる。ほたるが言う「あなたおっぱいは好きかしら?」。なんだよ?その質問?(爆笑)要は
    通称おっぱいアイスの「たまごアイス」のことらしい。ココノツは「爆弾アイス」と呼ぶ。ほたるは
    「爆弾は食えない。おっぱいは吸うもの」という理屈。もはや駄菓子の話ではない。「おっぱいアイス」
    と呼ぶべきか「爆弾アイス」と呼ぶべきかの論争。もういいだろどっちでも。結局、食べてみることにする
    ほたるだが見事に爆発してしまう。それでほたるは爆弾アイスとわかる気がするという。もっともそれで
    濡れてしまった胸元を見てココノツもおっぱいアイスの意味がわかったらしい(爆笑)。
    だがしかし第九話

    「だがしかし」公式ホームページ
    URL:http://www.tbs.co.jp/anime/dagashi/




    コメント
    ▼この記事へのコメント<(あれば表示)

    ■ コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    ▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
    よろしかったらポチッお願い致します。
    アニメ ブログランキングへ