【アニメ感想】「進撃!巨人中学校」第四話「清掃!巨人中学校」感想アニメ・漫画・フィギュア通販・ゲーム情報を扱う江原屋商会

    アニメ・漫画・フィギュア通販・ゲーム情報を扱う江原屋商会
    アニメ・漫画・フィギュア通販・ゲーム情報の発信を行います!
    【アニメ感想】「進撃!巨人中学校」第四話「清掃!巨人中学校」感想
    調査団が学校非公認の部活のためにエレンたちは他の部活である壁美化部に強制入部されてしまう。壁美化部
    に着いたエレンたちを待っていたのは唯一の部員であり部長であるリコ・ブレッンスカ。というかなんであんたここに
    出るの?
    エレンは失望するのであったがそんなことは知ったことではないリコは早速、一年生に全校の窓ふきを命令するの
    であった。当然、他の生徒にバカにされる訳でジャンは脱走を図るがリコの立体機動を駆使した前に阻まれる。
    その立体機動を見てエレンは「巨人と戦える」と思い、ジャンは「女性にもてる」と思いにリコに立体機動の使用を
    乞うが当然、断られる。「死ぬ気で窓ふきしろ」と!エレンは立体機動を使えるなら全校の窓を拭きまくると言い
    出す。
    相変わらずアホな子である。でもアホな子ほど頑張るので全校の窓はピッカピッカになる。
    それを見たリコは本来二年生以上しか使用を許可していない立体機動を一年生に使う許可を出す。
    結構、いい加減。
    早速、立体機動の訓練に入るエレンだが原作通りうまくいかない。で、リコは立体機動を使えないと壁美化部
    から出て行ってもらうという。それでいいじゃないか!エレンだがなぜか残りたい方向になっている。
    お前おかしいだろ?w
    運動神経の良いエレンができないのは装置に原因があるのではないかとアルミンは予想。先輩たちがジュース
    飲むの我慢して部費で開発した立体機動が壊れているわけないというリコだったがあっさりエレンの立体機動が
    壊れているのが判明。誤魔化そうとするリコに詰め寄るミカサ。やっぱりミカサ病んでいるw
    そこに壁美化部の顧問のハンネス登場。エレンに見本を見せると立体機動装置を使う・・・・が当然、壊れる。
    壊れたのをハンネスのせいにして逃げるリコ。世渡り上手だなリコ。翌日、当たり前に立体機動を使えるエレン。
    まぁ、そんなことより巨人がやって壁に落書きするのを綺麗にするために組織されたのが壁美化部の歴史と
    聞かされて俄然ヤル気になったエレンは落書きに来た巨人に立ち向かうが立体機動乗れはしたが誰も使い方
    教えてないので使い方知らないエレンあっさりガス欠で巨人にかなうわけもなく終わり。巨人が落書きして書き
    残した言葉が「半熟の王子」にエレンが付けた点で「半熟の玉子」になっていた。どういう意味だ?まぁ、エレン
    が半熟ということなのだろう。半熟というか完全にアホの子であることは間違いないw
    巨人中学校第四話
    「進撃!巨人中学校」公式サイト
    URL:http://kyojinchu.tv/




    コメント
    ▼この記事へのコメント<(あれば表示)

    ■ コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    ▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
    よろしかったらポチッお願い致します。
    アニメ ブログランキングへ